HIVウィルスに感染する原因とルートを調べて予防に努めよう!

HIVはエイズに発症してしまう非常に厄介な病気であり、このウイルスに感染すると完治させることはできないので一生治療を続けていくことになります。感染すると一生大変な思いをすることになるわけですから、この病気になることがないように感染原因とルートを調べておくことが大切です。原因や経路について正しい知識を持ち、厄介な症状を引き起こすHIVウイルスに感染することがないよう予防に努めるようにしてください。

感染原因のほとんどが性行為によるものであり、コンドームを使用せずに性行為を行った場合はHIVウイルスに感染してしまうリスクがアップするので注意が必要です。ウイルスは感染者の精液や膣分泌液、血液などの体液中や粘膜に存在しており、直接接触してしまった時に皮膚の傷口や粘膜から体内への侵入を許してしまうと感染が起こります。ピルを服用している女性や男性同士の性行為では妊娠の心配がないことから避妊具を用いないことが少なくないのですが、これによってどちらかがウイルスを保有していれば感染が起こるので注意してください。最も感染しやすいのはアナルセックスの受け入れ側だと言われていますが、セックスやオーラルセックスでも感染することを知っておきましょう。

セックスによる感染が多いのはもちろんですが、キスをした時にお互いの口内が傷付いていて感染者の血液が侵入するようなことがあれば、キスでも感染するので危険です。感染している恐れがある人とは、性行為はもちろんですがキスなどの接触もなるべく避けたほうが良いと言えます。同じ空間にいることで感染することはありませんが、濃密な接触を行うとうつる可能性が高くなることを知っておきましょう。

HIVウイルスの多くはコンドームを使用せずに行った性交渉で感染するので、この経路で病気をもらってしまうことがないように予防に努めておくことが大切です。風俗や見ず知らずの人とのセックスは相手が病気を持っているかどうか明確にすることができないので、大丈夫だろうと思っていても感染してしまうケースがあります。HIVウイルスに感染する原因の多くは性行為なので、感染しているかどうか判断できないような相手とは性行為をしない、信頼できる相手でもなるべくコンドームを使用して行為を行うことが大切です。この病気は段階によっては感染していても症状が現れずに病気であることに気付いていない人もいるので、そういった人から感染することがないようにも注意しておかなければならないでしょう。