HIVに感染した時にはどんな症状が出る?発熱や体調不良はあるの?

エイズを発症させる原因になるHIVウイルスに感染してしまったのであれば、症状が進行してしまうことがないように早急に治療を行わなければなりません。病気を早期発見するためには感染した時の症状を知っておくことが大切なので、HIVウイルスに感染してしまった時にはどのような変化が現れるようになるのかチェックしておきましょう。身体に起こる具体的な変化を知っておけば、いざという時に早く病気であることに気付くことができます。

HIVに感染した時にはひどい風邪やインフルエンザのような症状が出ることが非常に多く、これらの病気と勘違いしてしまう人は少なくありません。発熱やだるさ、筋肉痛や喉の痛みというような体調不良を経験することがほとんどであり、感染してから2週間から4週間ほどでこのような体調不良が起こることが多いです。特に冬などの風邪やインフルエンザが流行しやすい時期に感染すると普通の風邪やインフルエンザだと勘違いしてしまいやすいですが、風邪薬を飲んでも治らない場合や症状が長引く場合は注意が必要だと言えます。風邪と勘違いした場合は病院に行かずに発見が遅れてしまうことがあるので、感染する恐れがある行為をした後や体調不良が長引く場合はHIVウイルスへの感染を疑いましょう。

感染初期に起こる症状は風邪やインフルエンザのようなものだけですが、治療せずに時間が経ってしまうと他の症状も引き起こすようになってしまいます。個人差はありますが感染初期で治療を行わなければ無症候期に突入し、この期間中は目立った変化はありませんが少しずつ身体の免疫力が低下しているので注意が必要です。無症候期に身体の免疫力が低下すると、普段は感染しないような病気に簡単に感染してしまうようになり、カンジダやヘルペスなどの病気を発症してしまうというケースもあります。いわゆる日和見感染症と呼ばれる病気の発症が増えることは、HIVウイルスを感染している時の症状なので注意してください。

HIVウイルスに感染した時は感染初期と時間が経過してからでは違った症状が現れるので、それぞれの段階でどのような変化が起こる可能性があるのか事前に確認しておきましょう。もしもHIVに感染してしまったかもしれないという症状がある場合は、医療機関を受診して感染しているかどうか検査するようにしてください。この病気は治療が遅れてしまうとエイズに進行してしまうものなので、早期発見や早期治療が実現できるように感染した時に起こり得ることを知っておきましょう。