クラミジアの治療にはどういった種類がある?薬以外の方法は?

白い錠剤と瓶

クラミジアは感染者数が多い性病の1つなので、この病気に感染してしまった時にはどのような方法で治療することになるのか知っておくべきだと言えます。基本的には内服薬を用いて治療をすることが多く、マクロライド系やニューキノロン系、テトラサイクリン系の抗生物質が処方されることが多いと言えるでしょう。クラミジアは細菌性の病気なので抗菌薬で治療する必要があり、抗菌成分を含んだ抗生物質が処方されることになるはずです。多くの場合は処方された内服薬を指示通り服用することで治療を進め、服用終了後に再検査を行って陰性であることが分かれば治療が終了します。

一般的には内服薬の処方が多いと言えるのですが、即効性を期待する場合や症状がかなり進行してしまっている場合は注射や点滴が行われるケースもあるでしょう。内服薬はどちらかと言えば成分の吸収がゆっくりと遅いほうなので、注射や点滴よりは即効性を期待することができません。注射や点滴は吸収スピードが速いという特徴があるので、患者が希望した場合や即効性のある治療が必要な場合に選択されることがあります。よほどのことがなければ積極的に注射や点滴は行わないという病院もあるので、こちらの方法でクラミジアを治したいのであれば医師に相談してみてください。

クラミジアを治すためには内服薬を用いるか点滴や注射などを使用する必要があり、今のところこれ以外の方法では治すことができないと言えます。稀に漢方薬でも治療することができると言われているのですが、これはあくまでもクラミジアによる諸症状を緩和することができるだけで、根本的には治療できないはずです。尿道に起こった炎症を抑えるなどの効果はあるかもしれませんが、体内に存在している病原菌を退治することはできないとされているので、漢方などではなく抗菌薬に分類される医薬品を用いるようにしてください。

性病のクラミジアをしっかりと治したいのであれば、どのような方法によって症状をなくすことができるのか知っておくようにしましょう。ほとんどのケースでは内服薬が選択されますが、場合によっては注射や点滴が利用できるので、医師と相談して自分に適した方法を選択するようにしてください。クラミジアは放置してしまうと症状が悪化して生殖機能にダメージを与えてしまうケースもあるので、治し方をしっかりと理解して素早く治療を行っていくことができるようにしておきましょう。