カンジダの予防には原因を知って早めの対策を立てるのが肝心!

男性を診ている医者

性病の1つであるカンジダを発症すると発症した部位にかゆみや痛みを覚えるだけではなく、真菌の影響によっていくつかの厄介な症状が出てしまうでしょう。厄介なカンジダを予防したいのであれば、発症する原因を知って早めに対策を立てておくことが肝心だと言えます。この病気は性病に分類されますが、性行為がなくても感染することもあるので、あらゆる感染経路をきちんと知って予防を行うようにしてください。

まず、カンジダは性行為によって感染することがあり、病気を発症している人とコンドームなしでセックスなどを行うことで感染が引き起こされることがあります。性行為による感染を防ぎたいのであれば、感染者とは性行為をしないようにすることが推奨されており、治療が完了するまでは性的な接触を控えたほうが良いでしょう。ですが、相手がカンジダを患っているかどうか直接聞くことは難しいものなので、性行為を行う時には必ずコンドームを装着することでも感染する確率を下げることができます。

カンジダは性行為よりも免疫力の低下による自己感染による発症が多いと言われているので、こういった原因での発症にも注意しておかなければなりません。病気の原因である真菌は女性の膣内など、もとから身体の中に存在していてもおかしくないものですが、これが免疫力の低下によって刺激を受けてしまうと異常増殖してしまうことがあります。通常であれば活発に増殖したり身体に悪さをしたりすることはないのですが、免疫力が低下していると増殖してカンジダの症状を引き起こすので、免疫力を下げないようにすることが大切です。普段から睡眠時間をたくさん確保する、栄養を意識して食事を行う、運動する機会を増やすことなどで免疫機能を向上させることができるので、予防のためには免疫力をアップさせるようにしてください。

厄介な症状を引き起こしてしまうことが多いカンジダの発症を防ぎたいのであれば、感染が起こる原因を知り、それに応じた対策を実践すると良いでしょう。発症理由にはコンドームを使用せずに実施した性行為によるものと、免疫力の低下で起こる自己感染によるものがあるので、それぞれの経路別に適切な予防方法を実施していくようにしてください。セックスの際にコンドームを用いることを徹底したり、日常的に免疫力を下げない生活を意識したりすることによって、カンジダに感染してしまう可能性を低くすることができるでしょう。